あるグロース株投資家の生き様に、心を打たれている

あるグロース株投資家のブログ記事に心を打たれたから、取り上げてみようと思う。

2018年度の投資資産収益

そう、よしぞうさんだね。
よしぞうさんとは絡んだことはないんだけど、有名なグロース株投資家だから知っていたんだ。

記事の内容は単なる投資結果報告なんだけど、悪いパフォーマンスに終わっても、淡々としているんだよね。
ごく普通に公開している。
それがすごい。

大抵のグロース株投資家って、好調時にはドヤッて、不調時にはだんまりを決め込む。
これはグロース株投資家に限った話じゃないけど。

でも、よしぞうさんは、むしろ逆の印象。
好調時には謙虚になって、不調時にもしっかり結果を公開する。
だから今は不調ではあるけれど、ここまで資産を増やせてこれたのだろうと思う。

スポンサーリンク

同じように、不調時であろうが結果を公開し続ける人に、mushoku2006さんがいる。
この人もすごい。
運用資産額もすごいけど、それ以上に悪い結果でも隠さず公開し続ける姿勢がすごい。

よしぞうさんにしてもmushoku2006さんにしても、投資歴が長いようで、結果も残してきた人達だから、不調になっても慌てて投資スタイルを変えたりはしない。

でもね、彼らだって、やっぱり不調時には怖いはずなんだ。
しかし、そこを今までの投資経験も踏まえて、うんと踏ん張っている。

俺は彼らの投資スタイルを真似しようとは決して思わないんだけど、悪い時こそオープンにする、彼らの生き様に、とても心を打たれるんだ。

これは別に投資じゃなくたっていいんだよ。
苦しい時に、信念をもって苦難に立ち向かう人に、俺は心を打たれる。

2人共、このブログは見ていないかも知れないね。
まったく構わない。
俺が単に言いたいのを我慢できなかっただけだから。

2人共、頑張れ。
俺とは投資スタイルも運用資産額も違うけど、応援しているよ。

スポンサーリンク