ジェットコースターにおける下腹部のキューッとした感覚

ジェットコースター。
もう相当長い間乗っていないが、気になることがある。
下りの時の下腹部がキューッとなる感覚。
あれは誰しも感じるものなのだろうか。
あれがしんどいので、あまりハードなジェットコースターは乗りたくないのだ。

ジェットコースター。
なんとなくノリで乗ってみるものの、最初の上り坂をカタカタ上がっている最中、すでに後悔の念に苛まれる。
あの、ここで降ろしてもらえませんか、って気分になる。
無理だが。
そして最初の下り坂。
キューッが始まる。

スポンサーリンク

あのキューッには逃げ場がない。
とにかく下り坂が終わるまで続く。
だからハードなやつはきついんだ。

だが、ジェットコースターに乗っている周りの人間を見ると、キャーキャー言って喜んでいたりする。
こいつらにキューッはないのだろうか。
それともキューッすらも楽しんでいるのか。
俺は歯を食いしばって耐えているだけなんだが。

日常生活においても、あのキューッに近い感覚に襲われる時がある。
なんかびっくりした時とか。
快感とはまた違う感覚だと思うなあ。

スポンサーリンク