ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ) かな、次は

さて、ユナイテッドヘルス・グループ(UNH)に追加投資したわけであるが、それによって、次の投資候補銘柄は、ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)になりそうざます。
理由は、単に保有比率が1番低いからさ。

ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)。
アスベスト問題で急落した時には、おいおいと思わせてくれたが、現時点では、また鉄板のヘルスケア銘柄に復帰している印象だ。
アスベスト問題はまだ未解決でその結果によってはまたスリリングな体験ができるかも知らんが。
例えそうなっても、やっぱりジョンソン・エンド・ジョンソン以上のヘルスケア銘柄はなんじゃなかろうか。

ヘルスケア銘柄といえば、と聞かれたら、10人中9人はジョンソン・エンド・ジョンソンと答えそうな気がする。
それくらい鉄板。

スポンサーリンク

ジョンソン・エンド・ジョンソンってのは製薬であったり、医療機器であったり、家庭用品であったり、分散が効いてるからね。
ある意味ジョンソン・エンド・ジョンソン自体がヘルスケアETFといえなくもなくもなくもない?
ヘルスケア銘柄でこういうポジションにいるのって、他に俺は知らん。
だからJNJ、みたいなあ?

まあそんなJNJだから、あんまり割安になることはないと思うけど、アスベスト騒動の時みたいに、たまにガクッと急落したりするんだよね。
そこを狙い撃ち。
したいね。

まあ、俺は保有比率が低くなったら買うだけよ。
それでも結構いいと思うけどね。

スポンサーリンク