他人のブログに不満があるなら自分がもっといいブログを書けばいい

他人のブログがつまらないとか役に立たないとかいう意見をよく見かける。
俺はこういう意見を見る度に不思議に思うのだが、つまらない、役に立たないと思ったら単に見なければいいだけではないのか。
何でわざわざそんな気に入らないブログを見に来るのだ。
意味が分からない。
それに、他人のブログに不満があるなら、そんなものは見ずに、自分がもっと面白く役に立つブログを書けばいいんじゃないのか。
なぜそれをしないのかが分からない。
つまらない、役に立たないブログを超えるものなんて簡単に書けるだろ。

スポンサーリンク

そもそもさ、他人のブログが自分の好みに完全に一致するわけないやん。
他人のブログは他人の好みで書いとるんやから。
自分の思い通り書くわけないやろ。
自分の思い通り、理想のものは自分で作るしかないやん。
ブログに限らず。
俺も本当に自分の求めとるブログがなかったから自分でブログ始めただけや。
人の感想は知らんけど自分にとっては理想的なブログや。
俺はな、他人のブログをイジることはあっても、本心でケチつけることはないんや。
他人のブログの足りんところは自分のブログで補えばいいからな。
俺はブログで自給自足をしとるんや。
誰よりもまず、自分のために書いとる。

他人のブログに不満があるなら自分がもっといいブログを書けばいい。
その方が建設的でよっぽどいいと思うけどな。
違うかな?

スポンサーリンク