現時点での霧末流♀売りのルール

俺は銘柄を選ぶ際に、時価総額業種1位にこだわる。
安定感、安心感、競争力に優れていると思うからだ。
必ずしも1位が1番儲かるとも限らないが、構わない。

時価総額業種1位戦略で困るのは、その銘柄が2位に転落した時だ。

2位になった時点で売るのか。
もしまたすぐに1位に返り咲いたら、また買わなければいけない。

2位になってもしばらく様子を見るのか。
どこまで見るんだ。

3位になったら売るのか。
そこまで待っていて、損失が拡大しないのか。

俺の現時点での考えは、2位になった時点で早めに売るというものだ。

確かに2位になった後、1位と抜きつ抜かれつの激しい首位争いになると、頻繁な売買をしなければならなくなる。
だが、俺の経験上、2位に落ちてすぐは、1位に返り咲かない気がするのだ。
これだけは統計を取っていないから断言はできないんだが。

スポンサーリンク

1位になった銘柄には、勢いがある。
ずっと1位をキープできる保証はないが、少なくとも数カ月程度はキープできるだろう。
最悪その程度の頻度の売買なら、問題ないと思う。

それよりも、2位転落後に損失が拡大していく可能性があることの方が、問題に感じる。

よって俺は、損切りポイントを、時価総額業種2位に転落した時点と決めておこうかなと思っている。
今のところ。
これは日々時価総額とにらめっこするのではなく、セクターETFの構成銘柄比率が入れ替わったら判断しようと思う。

損切りでない場合もあるな。
2位の成長率が上回ったパターン。
いずれにせよ、業界1位ではなくなるわけだ。

そうなったら、2位になった銘柄を売り、新しく1位になった銘柄を買うか、別の業種1位の銘柄を買う。

1番いいのは、こんなことが起こらんことだが、それは分からんからな。
長期投資家と言えど、やはり売りのルールは決めておいた方がいいだろう。

ちなみに、俺の売りルールも、変更になる可能性は十分にあり得る。

↓霧末信者は、押せ。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク