医療保険株に見切りをつけた場合、何と入れ替えようか

ユナイテッドヘルス・グループ(UNH)が急落したことで、考えさせられることがあった。
それは、もしアメリカに国民皆保険制度が導入されて、これまでみたいに医療保険株が儲かりそうにならなくなった場合、どんな銘柄と入れ替えようかという問題だ。
俺の場合はユナイテッドヘルスを、何と入れ替えるかってことや。

俺はユナイテッドヘルスを、ボラティリティの高くないグロース株と捉えている。
ただ、こういう銘柄ってあんまないんやな。
じゃあどっちを選ぶかってことになる。
すなわち、ディフェンシブ株か、景気敏感株かや。

ディフェンシブ株の場合、現時点で考えられるのは、アメリカン・ウォーター・ワークス(AWK)と、ペプシコ(PEP)や。
どっちかといえば、ペプシコの方が分散としてはいいかな。

スポンサーリンク

景気敏感株なら、候補はアルファベット(GOOGL)、マイクロソフト(MSFT)、ボーイング(BA)や。
この中では、ボーイングが一番しっくりくるかな。
ボラティリティ高いけど。

医療保険やタバコは、全体的にうまみがなくなる可能性が考えられるサブセクターだ。
可能性であって、それは低いとは思うのだが。
でも、もしうまみがなくなった場合は、そのサブセクターからは身を引くつもりだ。
そうなった場合、意外と次何選ぶかを迷うことに気付いた。
攻撃的なものか守備的なものか。

まあ医療保険株のうまみがなくなる可能性は今のところ低いだろう。
あくまでそんなことになったらどうしようかっていう心構えにすぎんよ。

スポンサーリンク