入れ替えたい銘柄が割高だった場合

俺は現在10銘柄に分散投資しているわけであるが、将来的にどれかを入れ替える可能性は十分ある。
俺の方針としては下がる前に売ろうというのではなく、長期的に期待が持てなくなったら売ろうと思っている。
だから割とどっしりと構えている。

例えばの話だが、保有するアップル(AAPL)が長期的に駄目だと俺が判断したとする。
株価も低迷し続けているだろう。
そして、マイクロソフト(MSFT)かアルファベット(GOOGL)を代わりに買おうと思っているとする。
何かリアルだな。

この場合、もし不況期であればAAPLだけでなくてMSFTやGOOGLも株価は下がっている可能性が高い。
これらは景気敏感株だから。
だからMSFTやGOOGLも割安になっていて、買いやすい可能性が高い。
よって入れ替えやすい。
バッチグーである。

スポンサーリンク

しかし、もし好況期であったとしたらMSFTやGOOGLの株価は上がっている可能性が高い。
つまり、AAPL1人負けの状況である。
この時は、割高に掴む可能性が高いので、MSFTやGOOGLに手を出しづらい。
だがAAPLをホールドしてMSFTやGOOGLが割安になる展開を待つのはかなり苦しい。
ならどうするか。

一旦AAPLを売ってハイテクセクターETFのVGTを買おうかなと思っている。
VGTを持ちながらMSFTやGOOGLが割安になるのを待つ。
いいじゃん。

まあ要は入れ替えたい株が割高ならETFを持って割安になるのを待とうということだが、その時持つETFはセクターETFにしようというものだ。

なかなかいい方法なんじゃないかと思う。
やるか分からんけど。

スポンサーリンク