銘柄入れ替え時にはバリュエーションにこだわりたい

俺は普段は、タイミング投資をしない。
15万円程度の投資資金ができた段階で、随時保有比率の低い銘柄を買い増していく。
ポートフォリオの中での相対的な割安株を買い増していくというスタイルだ。

だが、もしこの先、ポートフォリオ、俺の場合霧末10種の、どれか1つが不振となり他の銘柄と入れ替えすることになった場合、バリュエーションにある程度こだわっていきたいと思っている。
なぜなら、入れ替え時の投資資金は、通常の追加投資資金に比べて、大きくなるからだ。
となると、やはり買値は無視できない。

いくら代わりに魅力的な銘柄があったとしても、それがその時点で割高に思えたら、買うのは止めておこうと思う。
他の魅力的かつ割安、もしくは最低でも適正な水準にある銘柄を探したい。
それがなければ、一旦ETFにスイッチして様子を見たい。

スポンサーリンク

この時に気を付けなくてはならないのは、割安だからといって、銘柄選びを妥協することだ。
本当はもっと欲しい銘柄があるけれど、今割高だから、見劣りはするけど、割安なこっちの銘柄を買おうというパターンだ。
これはよくない。
割安かつ本当に欲しい銘柄でなければいけない。
それがなければETFを買って焦らずじっくり待つ。
それでいい。

割安の判断だが、例えばPERを使う。
S&P500と比べて低いか高いか。
ディフェンシブ株なら厳しめ、景気敏感株なら甘めに見る。
業種によっても異なる。
自分で感覚を掴むしかない。

と、いうことで、銘柄入れ替え時には、買値にこだわろうという話だ。

スポンサーリンク