俺も少しはインデックス投資家なんだが・・・

どうも、俺のことをインデックス投資家と見ている人間はあまりいないらしい。
無理もない。
ポートフォリオの90%は個別株で、インデックス部分(VT)は10%に過ぎない。
普通に考えれば個別株投資であろう。
しかし、俺の中では違う。
俺は、今でもインデックス投資家の感覚を持ち合わせている。

それは、まず10%ではあるがVTを持っていること。
これが最後の砦なんよね。
全くないのと10%って、結構違うよ。
シーゲルは、ポートフォリオの一例として、半分を世界分散インデックス投資にしたものを本に書いていた。
その上で、個人によって変わってくるとしている。

スポンサーリンク

そう、5割をインデックス投資にする者も入れば、3割の者もいる。
3割の者もいれば1割の者もいるだろう。
イッツインデックス投資。

多分、俺も最後の10%のVTは個別株と入れ替えんのじゃないかと思っている。
最悪の事態が起きた時に最後に頼れる存在がVTだと思う。
というかそうなったら個別株を全部売っぱらって100%VTにするかも。
VTは俺のポートフォリオの基本なのだよ。

あと、インデックス投資、というかETFのような運用をしたいと思っていることも、インデックス投資家といえるのではなかろうか。
ある数値が基準を下回れば、四の五の言わずに入れ替える。
イッツインデックス投資。

まあなんというか、タイミングを狙わず、インデックス投資家らしく謙虚につみたてていきたいというわけだな。

スポンサーリンク