インデックス投資の最大の敵

俺はもともと100%インデックス投資家やった。
いまだにVTをポートフォリオの10%持っとるから、10分の1インデックス投資家や。
そのインデックス投資家である俺が、インデックス投資の最大の敵を教えてやろう。

それはな、誘惑や。
インデックス投資ってのは、とにかくつまらん。
糞みたいにつまらん。
それがメリットでもあるんやけどな。
個別株投資みたいな銘柄への愛着もない。
得られるリターンもあくまで平均。
コツコツ毎月積み立て投資しとっても、次々魅力的な投資対象が目の前を横切るんや。

スポンサーリンク

バリュー株投資にしても、グロース株投資にしても、口で言うほど簡単じゃないことは、やってみて俺も分かった。
言うとやるとは大違いや。
それに比べると、インデックス投資は確かに難易度が低いと思う。
でも、言うとやるとで違うのは、インデックス投資も同じや。

インデックス投資で例えば年7%くらいのリターンがあると見てあと何年で億にいくか計算してみて、その結果に軽く絶望感を覚えるのは、インデックス投資家あるあるちゃうかな。
俺はそうやった。
そんで、まだそれが個別株なら長期戦になっても楽しみはあるんやけど、ETFやらでは味気ないんや。
なんというか、個別株はリターン以外の楽しみがあるのに対して、インデックス投資にはリターンの楽しみしかないんや。
そりゃあ、個別株でもインデックス超えるリターンを叩き出したい気持ちもあるんやけどな。
個別株には、プラスエンタメの要素があるんや。
だから面白い。

それで、こういうの見ると、個別株をちょっとやりたくなってくるやろ。
これがインデックス投資の最大の敵、誘惑や。
俺は結局、インデックスよりも高リターンいけるんちゃうかな、あとおもろそう、そんな誘惑に勝てず、ポートフォリオの10分の9を個別株にしてしまった。
今のところ後悔はない。
インデックスを大きく下回ると後悔するかも知れんけど。

もし、誘惑に勝てそうもなかったら、少しだけ個別株してみたらどうや。
ちなみに、これも誘惑な。

スポンサーリンク