俺が標準語を止めるとどうなるか、見せてやろうか

俺は日常生活において、標準語など話さない。
というか話せない。

俺は東、西でいえば、西に属する人間だ。
今回は、普段使っているような言葉で書いてみよう。

そもそもな、何で俺が標準語を使うかっていうと、投資語る時はそっちの方がやりやすいからや。
投資の名著なんて、ほぼ100%標準語やろ。
こんな風にしゃべると、なんかナニワ金融道みたいになるもんな。
やっぱり投資には標準語が向いとる。

だがな、日常生活で標準語なんて絶対に使えん。
今身近に使う奴もおらんしな。

学生の時は東京におったけど、やっぱり標準語はマスターできんかったな。
最初の頃はしようと思ったけど、不自然なのを指摘されてあほらしなってやめた。

スポンサーリンク

標準語を聞くのも最初は抵抗あったけど、それは慣れた。
結局、自分が話すのは無理ってこと。

しかも東京では、俺みたいなしゃべり方は市民権があって、むしろウケが良かったりする。
だからなおさら標準語覚える気なんてなくなる。

こういう方言でメールやラインが来ると、東の人間は面白く感じるらしい。
別に普通なのにな。

ただ、投資を語る時には、やっぱり標準語かなって思うね。
まあ俺のただの好みの問題やと思うけど、普段のしゃべり方じゃしっくりこん。

投資論は、自信満々な言い方がいいんやってな。

例えば、

インデックス投資は最強の投資法である。なぜなら○○だからだ。

っていうのと、

インデックス投資は最強の投資法や。なんでかっていうと○○やからや。

っていうのでは、かなり印象に差があるやろ。

俺は自信満々にドヤるのが好きなんや。
だから標準語の方がいい。

さて、俺が標準語を使わないと、どんな感じになるかは分かったであろう。
そして、標準語なんか実際には使えないことも。

俺はこんなことくらいでキャラ崩壊の心配をしていない。
なんでって、すでに崩壊しとるやん。

↓霧末信者は、押せ。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク