不幸は名作の源

GE坊やの集中投資候補銘柄にユナイテッドヘルス・グループ(UNH)が入っているのを知り、俺は狼狽した、
いや、本当に。
そして、忘れかけていたことを、思い出したんだ。
それは、名作は、不幸な体験からしか生まれないということだ。

身近な例である、投資ブログで説明しよう。
例えば、投資に成功して、とても幸せそうなブログがあるとしよう。
投資手法の参考にはなるかも知れないが、見てておもしろいだろうか。
心のどこかで、つまんねえから失敗しないかなと思わないだろうか。
俺は思う。
人の幸せなんて延々と見せられてもつまらんのだよ。

スポンサーリンク

逆に、実力や運に恵まれず損ばっかりしている投資ブログがあるとしよう。
どうだろう、おもしろいと思わないか。
単に他人の不幸は蜜の味ということもあるが、なんとなく判官贔屓魂に火がつくというか、がんばれーって応援したくならないか。
俺はなる。

そう、人は絶望的な状況に追い込まれると、素晴らしい名作を残せることが多いのだ。
文才とかはあまり関係ない。
技術よりハート、地獄からの魂の叫びが、見る者の心を打つのである。
それが名作だ。
いくら文才があっても、幸せな状況ではいい作品は生み出せない。

ちなみにそういった不幸が原動力となって生み出される作品は、おもしろく、心を打つものであるが、書いている本人は絶望しかなく、ちっとも楽しくない。
しかも、たかがブログで名作を生み出したところで、見返りなんてほとんどない。

だから、俺は名作ブログなんて書きたくない。
つまらない、ゆるふわな、糞ブログが1番だ。
なぜなら、それは現実世界での充実度を表しているのだから。

スポンサーリンク