投資については不安感がほとんどないんだが、これって逆にまずいかな

近頃、穏やかな相場が続いている。
去年のクリスマスイブ(すっぽかされ次郎イブ)あたりの急落が嘘のようだ。
何となくじわじわ上がってきそうな気がする。
少なくとも、急落の雰囲気はあまりない。
まあ、急に落ちるから急落なのであって、それに雰囲気などないのであろうが。

何というか、退屈な相場である。
理想的というべきか。
霧末10種についての心配もほとんどしていない。
でも、心配がないっていうのも、まずいかなって思う。
何というか、臆病なくらいがちょうどいいというか。

スポンサーリンク

そう言えば、今月は決算銘柄が多いな。
日本時間で、
15(火)ユナイテッドヘルス・グループ(UNH)
22(火)ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)
24(木)ネクステラ・エナジー(NEE)
28(月)マクドナルド(MCD)
29(火)アップル(AAPL)
30(水)アマゾン(AMZN)
か。
分かったように言っているが、今調べた。
ほう、これは楽しくなりそうだ。
なんせ決算後は、良くも悪くも値が動きやすいからな。

さあ、俺を楽しませてくれよ。
トップバッターは、ユナイテッドヘルス・グループだ。

スポンサーリンク