俺は変人が好きだ

俺はよく変人と言われる。
そしてそれを喜ぶタイプの人間だ。
そんな俺も、変人と接するのが好きだ。

変人と言っても、条件がある。
俺の変人の定義は、独自の発想やこだわりを持っているということだ。

よく斜に構えてありがちな批判を繰り返すような奴がいるが、あれは俺にとっては変人ではない。
ただのガキだ。
クソリプに代表されるようなやつな。

独自の意見を持っている奴ってのは、話していても面白い。
当然、最低限の社交性は必要だ。
俺の仲のいい奴ってのは、性格のいい変人ばっかりだ。

スポンサーリンク

変人っていうのは、大抵バランスが悪い。
そりゃそうだわな。
でもそういう奴に限って、何か突出しているものを持っていたりするんだ。

日本では、変人は生きにくいと思う。
学校でも会社でも、オールマイティーを求められやすい。
オールマイティーが悪いわけではないのだが、それしかいないと、発想がつまらない。

米国株投資クラスタ1つ見ても、資産がある程度大きい奴は、変人が多いような印象を受ける。
他人と一緒のことしてたらそんなに儲からないから、当たり前と言えば当たり前か。

バランスが悪い奴らばかりだと思う。
だからいい。
とてもいい。

バランスの悪さこそ、人間の魅力なんだよ。

↓霧末信者は、押せ。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク