ホーム・デポ(HD)が少し気になる

一般消費財セクターでアマゾン(AMZN)に次いで時価総額が大きいのがホーム・デポ(HD)である。

ホームセンターだが、店舗販売に強いとのこと。
前から名前は知っていたんだが、小売りだからアマゾンの脅威が気になっていた。
だが、現時点ではそのアマゾンの脅威にも対抗できる力を持っているらしい。

これ、長期的に見ても、ナイキ(NKE)より優れているかも知れない。

リスクの割に期待リターンが高いという意味で。

HDは結構配当利回りは高い。
景気敏感株の割に。
だが、入れ替えるとしたら、やはりアップル(AAPL)、ビザ(V)、アマゾン(AMZN)、ナイキ(NKE)、ユナイテッドヘルス・グループ(UNH)の内のどれかになるだろう。

スポンサーリンク

今のところ入れ替える予定はない。

だが、裏霧末10種に入れてもいいかも。
ロッキード・マーチン(LMT)とどちらを残すか、考えるところだ。

AAPL、V、AMZN、NKE、UNH、HD、LMT。
並べて見ると、やっぱりHDの将来性は少し怪しい。
アマゾンの脅威に対抗しているといってもアマゾンが脅威であることに変わりはない。

アマゾンがホームセンター事業に力を入れてきたら結構やばいかも。
なんというか、ウォルマート(WMT)的な不安定さがある。
潰れはしないだろうがアマゾンにやられるかもという不安定さ。

まあ注目はしとこう。
いい銘柄だとは思う。

スポンサーリンク