霧末ブログが誰に向けて発信されているか、教えてやろうか

俺がいつも誰に向けてブログを書いていると思う。
霧末信者か。
初心者か。

違う。
俺は、俺自身に向けて、ブログを書いているんだ。

いわば、俺の頭の中を他人に見せてやっている状態だな。
それ以外にない。

俺はブログを書いて、頭の中を整理したり、不満をぶちまけてストレス解消したり、色んなものに自分の意見を言ったりしている。

誰かに合わせた記事を書こうとは思っていない。
というか俺にはできない。


霧末ブログを見て、共感したり、共感しなかったりすることがあると思う。
それは全てたまたまだ。
たまたま自分の考えと一致するから共感して、しないから共感しないだけなんだ。
俺が合わせたわけじゃないんだ。
そして、今共感していると言って、明日も共感するとは限らない。
逆もまた然りだ。

前の感じの方がよかった、今の方がいい、もっと誰かに絡んでほしい、自分語りをしてほしい、色々要望はあるかも知れん。

だが、俺はそんな要望には、一切応えない。
応えたくないし、応えることもできない。

絡みたい奴が出てくれば絡むし、不満があればぶちまける、意見があれば言う。
その時に思ったことを、素直に表現するだけだ。
そうじゃなけりゃ楽しくない。

霧末ブログは読者の要望になど応えない、エゴ丸出しのブログだ。
だから飽きたり嫌になったら去ればいいし、また見に来たくなったら戻ってくればいい。
ただそれだけの話だ。

理想郷は、自分のブログで作るといい。
俺にとっての理想郷は、霧末ブログだ。

↓霧末信者は、押せ。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ