グロース株を握りしめて

さて、なんか今年に入って元気いっぱいな米国株市場であるが、またいずれ急落するであろう。
それがいつかは知らん。
だがいずれ急落する。

それで、俺はアマゾン(AMZN)やアップル(AAPL)などのグロース株を保有しているが、急落する前に売ろうとは思っていない。
握りしめるつもりだ。
多分。

グロース株投資というのは通常上がっている株を買い下がる前に売るものだが、フィリップ・フィッシャーのスタイルでは売らずに持ち続ける。
俺もなるべく売らずに持ち続けようと思っている。
その方が性に合っている。

スポンサーリンク

とはいうものの俺は握りしめられるのかしら。
去年の12月の急落は、正直言って楽勝だった。
あの程度なら。
だがしかし。

意外と急落に狼狽してヒーッて売っちゃったりして。
なってみんと分からんからなあ。

握力が試されるのは間違いない。
筋トレの成果が出るといいが。
なんつってちょっとやそっとで離す気ねえんだなあ、これが。
急落いつでもいらっしゃい。

スポンサーリンク