アルファベット(GOOGL) いいよねぇ・・・

アマゾン(AMZN)は別格として、ハイテク御三家。
マイクロソフト(MSFT)、アップル(AAPL)、アルファベット(GOOGL)。
ここのところちょっとアップルは元気がない。
そんなあたいはアップルホルダー。

将来性、あくまで俺が考えるものだが、で考えると、マイクロソフトは緩やかな成長の後やがてIBM化していきそう。
クラウドでアマゾンには勝てまい。
アップルは、結構先が見えなかったりする。
3つの中で1番見えない。
まあすげえ会社だから、すぐにどうかなる可能性は低いと思うが、いつまで安泰かも分からない。
どうかなってから売ればいいので、どうかなるまでは持っておくつもりだ。

スポンサーリンク

さて、アルファベットさ。
この会社、3つの中で1番将来性があると思わないか。
アップルホルダーの俺がいうのもなんだけど。

アマゾンには敵うまい。
しかし、時価総額ナンバー2の座を死守する存在になりそうだ。

アマゾンが後追いで規模の力で制圧していくスタイルだとしたら、アルファベットは割と革新的。
といっても、元のアイデアはどこかのベンチャー企業とかからインスパイアされているんだろう。
インスパイアな。

アルファベット、というかグーグルからは近未来的、SFチックなにおいがする。
人類の夢を乗せて、みたいな。

うーん、アルファベット。
隙がない。
実にいい。
もしアップルを買い替えるとしたら、現時点ではアルファベットが最有力候補だな。

スポンサーリンク