外出先で糖質を控えるのは結構難しい

普段は地方で暮らしているが、たまに都会に行く。
回数は随分と減ったが。
その時に困ることは色々あるが、食事もその1つだ。
何が困るか。
糖質を控えようとすると困るのだ。

外食は基本的に、糖質が溢れている。
いわゆる炭水化物だ。
炭水化物は安く、タンパク質は高い。
だから外食では炭水化物が多用される。
金出しゃタンパク質にありつけるが、手軽にというのが難しい。

スポンサーリンク

ファミレス行ってチキンステーキだけ頼むとか、コンビニで買ったフランクフルトを店の前で食う羽目になる。
やったがね。
まあそういうわけで、食事に困るのだよ。
食事だけじゃない。
外出すればなんでも不自由になる。

そして都会ほど、その不自由の声に応えるサービスが溢れている。
計算され尽くした集金システム。
都会で過ごすだけで金がかかる。
外食時は、ハンバーグ的なものを単品で食うことが多い。

スポンサーリンク