EDVの買い時

連日、EDVの話ばっかりしている。
恐らく、今日本で1番EDVについて語っているブロガーというか米国株投資家だと思う。

そう、もうVTを長期債ETFと入れ替えることはほぼ決めており(多分)、その長期債ETFはEDVと決めている(多分)。
理由は、レバレッジなしで最大のリスクとリターンを誇る債券ETFだからである。
俺は、レバレッジなしのボラティリティが高い債券ETFが欲しいんだ。
急落時のリスクヘッジのために。

さあ、買い替える銘柄は決まった。
次は、何を考えるべきだろう。
それは、入れ替えるタイミングである。

VTは株、EDVは債券であるから、基本的にはどちらかが好調な時はもう一方は不調な時が多い。
だから入れ替えやすい。

スポンサーリンク

ただし気を付けなければいけないのは、VTが不調でEDVが好調な時に入れ替えること。
これは最悪のタイミングである。
考えられるのは、急落後。
急落した株にびびって手放して債券に群がる。
この時が債券を買う最悪のタイミングだ。

あと、金利が上がった時は株、債券共に下がることが多い。
だからどちらがより下がったかによって、入れ替えに適したタイミングか否かが変わる。
金利が下がった時は逆のパターンになりやすい。

まあこれらのことを考えると、やはり債券への入れ替えタイミングでベストは、暴落前といえるだろう。
しかし、そんなの誰にも分からん。
暴落かと思ったら反発することもしょっちゅうである。

なんで、まあ大分市場も盛り上がってきたな、なんて頃にこそっと入れ替えようかと思う。
もうちょい先の話かな。

スポンサーリンク