EDVの方がいいかも知れない

最近の俺は、長期債ETFの調査に余念がないわけだが、もしVTと入れ替えるなら、TLTが最有力候補かなと思っていた。
EDVの方が長期債で、リスクリターン共に大きくなるのは気に入っているのだが、出来高がTLTに比べてかなり低かったことがネックになっているのだ。
しかし、よく調べてみると、確かにEDVの出来高はあんまり高くないのだが、例えばバンガードの素材セクターETF、VAWに比べれば高い。
素材セクターはあんまり人気ないんだろうが、まあ、セクターETFより高いんなら問題ないんじゃね?って思う。
あんまり出来高が低いと、上場廃止=償還リスクがあるからね。
少なくとも、その心配はなさそう。
ETFの中で比較的マイナーってだけで。

さて、そうなってくると、再びTLTとEDVの比較が始まる。

スポンサーリンク

より長期なのはEDVだ。
よって、リスクリターン共に大きい。
そして、俺が長期債ETFに望んでいるものは、ボラティリティの高さである。
高ボラティリティの方が急落時に逆に上がり、ポートフォリオのダメージを和らげる。
ただし、上げ相場では下がるか停滞することが考えられるので、それに耐えられる範囲でのボラティリティでなければならない。
EDVはETFなので、個別株よりはリスク許容度を大きく取ってもいいと思っている。

そのあたりを考えると、俺にとっては、EDVが最適な気がする。
これは人によって異なる。

それに、TLTについて、ひとつ気になることがあるんだ。
それは、TLTって、泣いている人の顔みたいに見えないか?
俺には見える。
なんか買ったら泣く羽目になりそうで、縁起が悪い。
その意味でも、EDVの方がいい。

こうやってどっちがいいかなんて迷っている間が、1番楽しい気がする。

スポンサーリンク