アーリーリタイアして暴落したら働いたらいいだけじゃね?

最近少し関心は薄れてきつつはあるが、俺もアーリーリタイアを意識しているところはある。
株で資産ある程度築いたら、の話だがな。
まだその段階まではいっていない。

さて、アーリーリタイア、この場合は働かないで暮らすという意味を表す、の話が出ると、決まってセットになってくるものがある。
それは、アーリーリタイア後に株が暴落して資産が激減したらどうしよう問題だ。

確かに、株である以上、いつ暴落するかは分からないし、回復にどれほどかかるかも分からない。
暴落したら慌てるかも知れない。

しかし、それは資産がいくらになろうとついてまわる問題だ。
まあ10億円くらいあれば多少気持ちの余裕は、って金額がでかい分却ってストレスがすごいかも。

スポンサーリンク

一代で10億円株で儲けてリタイアってのもかなりハードルが高そうである。
現実的には数千万円から1億円あたりで、リタイアを考える者が増えるのではないか。

さて、この数千万円から1億円の資産を持ってアーリーリタイア生活に入った。
しかし運悪く、翌年にリーマンショック並みの暴落に襲われ、資産が半分になった。
困ったなあ。

俺が思うに、困ったなあと思った段階で動けばいいと思うのよ。
具体的には働く。
手元には今日明日の暮らしに困ることはない資産はあるのだから、ゆっくり動ける。

年齢が、とか職歴が、とか、そんなこと気にしなくていいと思う。
なぜなら、そういうことを気にしない仕事をすればいいだけだから。
すでにレールからはとっくに外れてるんだから、開き直ればいい。

暴落の話がすぐでるが、実際は暴落しない年の方が多いし、暴落を忘れるのはまずいが、怖がりすぎて株本来の期待値を忘れるのはもっと残念に思うなあ。

あと、リタイアのことなんだけど、働かないじゃなくて、働けなくなる可能性もあるから、やっぱ資産は欲しいわな。
資産は頼れる。

スポンサーリンク