どの時点で売るのか

俺は基本的にバイアンドホールド戦略を取っている。
なので、そう簡単に売るつもりはない。
利確というものをする気はなく、理想は永久保有である。

しかし、永続する企業というのは無理がある気がする。
だから現実的には、もうこの企業は駄目だな、と思った時に売ることになると思う。
損切りである。
利確ではなく損切り。
リタイアした場合の生活費の分を売る、もしくは年に一回程度リバランスすること以外を除いて、俺が売るのは損切りの時だけではなかろうか。
いや、まだあるか。
よりよい銘柄を見つけた時の、入れ替え時の売り。

スポンサーリンク

損切りにせよ入れ替えにせよ、今保有している銘柄より優れた銘柄が存在する時に売るわけであるが、その基準をどうしようか。
意外と分かりやすいのは時価総額かなと思う。
俺は時価総額はパワーだと考えている。

業界で時価総額3位まで落ちたら、1位にスイッチ。
なかなかいいと思うが、2位と3位の時価総額の差が開いていた場合、それが入れ替わるのを待っていればダメージも大きくなるという欠点もある。
ただ、1位と2位では頻繁に順位の入れ替わりがある可能性があるので、気が進まない。

時価総額以外でもまあ判断材料がないわけではない。
非公開ではあるがな。
もし俺が売るようなことがあったら、そこから何かを感じ取ってみて欲しい。

スポンサーリンク