俺は、チョコレートパフェを、食う

この間東京に行った際、友人たちと喫茶店で念願のチョコレートパフェを食う予定だった。
チョコレートパフェ。
いい大人がそう食える機会はない。
次に食えるのは10年以上先かもしれない。
そう思ってチョコレートパフェがメニューにある喫茶店に入った。

結果。
フルーツが品切れでチョコレートパフェはできません、とのこと。
ふざけるな。
と思ったが、そんなことはいわずにモーニングセットを頼んだ。
なんともいえない空気になったのをなんとかしてほしかった。

スポンサーリンク

と、いうわけで、俺はまだ、チョコレートパフェを食ってはいない。
前に食ったのはいつのことだろう。
恐らく、軽く10年以上は食っていない。
俺はよっぽどチョコレートパフェに縁がないのだろうか。
諦めそうになった。
しかし、ここまできたら、なんとしても食わなければならないのではあるまいか。

そこで次に東京に行った際には、ピエールマルコリーニ銀座のチョコレートパフェ(単品1728円)を食おうと思う。
明らかに高級チョコレートパフェである。
だが、せっかくたまにしか食わんのだから、これくらいこだわってもいいだろう。
次は品切れ、ないよな・・・

スポンサーリンク