中国企業が世界時価総額ランキング上位を独占、って未来が来るんかなぁ

将来的には中国が世界一の経済大国になっている、なんて記事をよく目にする。
人口とかその他もろもろの要因を考えれば、まあそうだろうなとは思う。

それがいつになるのか、そして、その時には、中国企業が世界時価総額ランキング上位を独占、ってことになるのかということに、俺は興味がある。

今米国株長期投資がおいしいのは、アメリカが世界一の経済大国だからだ。
この立場が崩れれば、今ほど有利なことにはならないだろう。

中国に世界一を奪われても、アメリカは2位とか上位にいるだろうから、無茶苦茶不利になることもないとは思うが。

単純に考えると、世界一の経済大国=時価総額世界一の企業がある国ってことになるんじゃないかな。
アメリカ企業に時価総額上位を独占された状態で、中国が世界一の経済大国になることはできんと思うが。

それにしても中国企業には、信頼がない。
アメリカの老舗企業に比べれば歴然としている。

スポンサーリンク

アメリカの老舗企業は、長い歴史を掛けて、信頼を築き上げてきた。
それがワイドモートになっている。
中国企業に、この信頼を築くことができるだろうか。

俺の場合、中国製品だと、安くて構わないものしか買わない。
安かろう悪かろうと思っている。
大半の奴も、同じではないかな。

アメリカ製品の場合は、特にブランドを重視するな。
これが信頼の証だろうな。

昔は日本製品も安かろう悪かろうだったらしいし、中国も変わるかな。
ただ、どうも日本と中国ではわけが違うような気がする。

中国って、元々人口は多かったのに、なかなか発展しなかったよな。
それは、信頼を築き上げることに力を入れてこなかったからという気がする。
その姿勢がない限りは、今後もなかなか天下は取れんのではないかなと。

俺は今後も中国は、人口や資源ではアメリカに勝っているのに、世界一の経済大国にはなれない状態が長く続くような気がする。
中国がスタイルを変えない限り、アメリカは安泰かなと思う。

↓霧末信者は、押せ。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク