ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)という名の珍妙さ

近頃メンソールタバコ問題で不調のブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)であるが、俺は前から気になっていたことがある。
それは、その名前のことである。
だって、ブリティッシュでアメリカンなんだぞ。
イギリスのアメリカのタバコ。
どっちやねんって感じだろ。

俺はホルダーでないからどうでもいいと言えばどうでもいいが、気になるな。
なんかどっちつかずの印象を受ける。
まだブリティッシュアンドアメリカンタバコなら分かるんだ。
ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)やプロクター・アンド・ギャンブル(PG)みたいな感じになるからな。
ブリティッシュ・アメリカンでは、お互いにタバコを奪い合っているみたいではないか。

スポンサーリンク

ブリティッシュ・エンド・アメリカン・タバコ。
ちょっと字余りだな。

ブリティッシェン・アメリカン・タバコ。
意味は違うかも知れないが響きはいい。

だが、タバコをそのまま社名に入れるのはだせぇよな。
その点フィリップモリスなんて、超かっこいい。
分社化したが。

だが分社後も、アルトリアグループ(MO)、フィリップ・モリス・インターナショナル(PM)と、まずまずのかっこよさだ。

加熱式タバコも、アイコスはかっこいいけど、グローはダサい。
やっぱりブリティッシュ・アメリカン・タバコはダサいのかも知れない。

まあそもそもタバコ吸っている時点でダサいわな。
タバコ株ホルダーでもそう思う。

↓霧末信者は、押せ。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク