米国株投資家にありがちなこと

米国株投資家になるきっかけって、最近であれば、大抵シーゲル赤本かバフェット太郎本を読んで触発されて、ってパターンが多いと思う。
かくいう俺も、シーゲル赤本を読んだことがきっかけで米国株個別投資を開始したし。
それで、この2冊の本、シーゲル赤本とバフェット太郎本は、どちらも高配当投資戦略に比重を置いている。
だから、これらの本に影響を受けた者は、まず高配当投資家になろうとするはずだ。

そして、高配当投資を続けていく上で、気になることが出てくる。
それは、S&P500にパフォーマンスで引き離されがちになることだ。
そう、高配当投資とは長期投資なので、上げ相場で市場平均に勝つことは難しい。
そして通常、上げ相場は下げ相場より長い。
S&P500に負け続ける日々。
そんな日々を送っていると、ある考えが浮かんでくる。

スポンサーリンク

あれ、クソダサいのは高配当投資の方じゃね?
長期的に報われるっていうけど、本当かよ?
長期になって報われなかったら取り返しがつかんぞ。

そして、目の前にはGAFAを始めとするグロース株が、華々しく市場をリードしていく。
なんだ、グロース株の方が儲かるじゃん。
グロース株投資家になろうっと。

こうなる者も多いだろう。

そして、しばらくは好調かも知らんが、いつか必ず急落が来る。
すると、消息不明になるか、また高配当投資家に戻るか、はたまたインデックス投資家に転身するパターンが多いと思う。
高配当投資家に戻った場合、またS&P500に負け続ける日々に嫌気が差して、グロース株投資家にまた転身する可能性が高い。
無限ループである。

全部が全部とはいわんが、こういうパターンをよく見てきた。
これからも続出することだろう。

高配当投資がいいとかグロース株投資がいいとかではなく、状況に焦ってどっちつかずにならんように注意したいもんだな。

スポンサーリンク