米国株投資は長期でそこそこのリターンを求めるもの

米国株投資は、日本に住んでいるものにとっては、長期投資向きの投資対象だと思う。
長期、最低でも10年以上、で見ると、米国株より有利な投資対象を、俺は知らない。
逆にいえば、短期間に爆益を得るのは向いていないと思う。
それなら日本株の方がいいと思う。

日本株の方が情報を得やすいし、手数料は安い。
大型株より中小型株の方がいいだろうし、分散投資より集中投資の方がいいだろう。
だんだんギャンブル化していくがな。
結局、短期間で儲けるということは、そういうことだと思う。
少ない確率のギャンブルに勝つということだ。
大抵は勝てないが。

スポンサーリンク

そしてギャンブル的に儲けたものを安定運用に切り替えていく。
それが理想的だろう。
実際は切り替えのタイミングが難しいだろうが。

バフェット太郎なんかは、実はそういう意味では、うまくやっているのだ。
最初にリスクをガンガン取って数千万の資産を築く。
そこで痛い目にもあったみたいで、それが功を奏して安定運用に切り替える。
つまり今の高配当戦略だな。
今の奴のポートフォリオは保守的すぎるところがあるが、あれだけ資産があれば、それもありなのだろう。

俺はギャンブル的な運用はしたことないから、バフェット太郎に比べれば資産は少ないものだ。
ぼちぼち増えてきた感じだな。
まあそっちの方が性に合ってるわ。

米国株は、長期でそこそこのリターンを狙うもの。
そう思っている。

スポンサーリンク