これからますます米国株投資はメジャーになっていくだろうけど、それでも日本株投資には及ばないであろうと思う

米国株ブログ界は特別とだとしても、世間一般でも、徐々に米国株投資が認知され始めたのかなと思う。
そして、米国株投資を始める者も増えてきただろう。
しかし、日本において、米国株投資家が日本株投資家を上回ることは、無いと思う。
なぜならここは日本だから。

どうしても、馴染み深い日本株の方にいきやすい。
しかも、短期的に見れば、どちらが有利だともいえない。
だからなおさらだ。

今は株主優待ブームかな。
だが、その内終わるだろう。
日本人は特に、熱しやすく冷めやすい。
米国株にスポットが当たる可能性もあるが、長続きはしないだろう。

スポンサーリンク

正確なことは知らないが、恐らく、アメリカ以外の国では、米国株投資より自国株投資の方がメジャーだと思う。
それでいいのだと思う。
日本人米国株投資家の俺が言うのも何だが、もし日本人投資家の大半が日本株より米国株の方を持っていたら、日本経済的にはまずいだろ。
そんなんで日本企業はやっていけるのかい。

だから、非常に勝手な考えであることは分かっているんだが、自分は長期投資に有利な米国株投資をしながらも、世間の大多数は日本株投資をしていてほしいんだ。
恐らくその方が、日本経済的には健全だろ。

米国株投資家が増えても構わんが、全体から見れば、少数派であってほしい。
だって、米国株投資家って、日本経済にあんまり貢献してないもん。

自分勝手だろ。
そう、投資家って、みんな自分勝手なんだ。

まあ俺がそう願うまでもなく、これからも、そうなるであろう。
米国株投資家は少数派、それが健全だ。

↓霧末信者は、押せ。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク