米国株ブログの危うい点

俺は日々、米国株ブログを書いているわけであるが、それ自体は、書いていなかった時に比べて、米国株投資自体が随分楽しくなったような気がする。
ブログを書いていなければ毎日株価チェックなんかせんからな。
自分の考えもまとめることができて、グッドだ。
だが、やはり問題点もある。

1番感じるのは、売り買いの時に、ブログをどこかで意識していることだ。
これ、本当に馬鹿なことなんだが、実際に起きているんだ。

例えば、銘柄を1つ入れ替えたいとする。
そうであれば通常、そう思った時に入れ替えればいい。
しかし、売りたい方の銘柄についての記事をすでに書いている場合は、せめてその記事の投稿が終わってから売ろうかなと考えたりするのだ。
完全に馬鹿である。

スポンサーリンク

まあ俺のような投資スタイルの場合、1週間やそこら売買タイミングがずれたところで、大した影響はないとは思う。
だが、あまりいい傾向とは言えない。

投資スタイルがブレただのそんなことを思われるのは一向に構わんのだがな。
下手とか思われても構わない。
実際そうだし。

ただ、投資とブログを連動させたい気持ちだけはある。

そんでな、俺はかなり記事のストックをため込む方だから、なおさらそういう縛りがでてくるんだ。
投稿するのを待っている間に暴落したらたまらんな。

まあ記事の投稿を待っている間、考える時間が与えられるわけだから、悪いことだけでもないかも。

なわけないわな。

↓霧末信者は、押せ。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク