馬鹿とクズの違いをはっきりさせとこう

俺はしょっちゅうブログで馬鹿とかクズとか言っている。
それで、俺はそれらの言葉を使い分けたいと考えているので、馬鹿とクズの違いをはっきりさせとこうと思う。

俺は今まで、馬鹿には2種類あると言ってきた。
それは、かわいらしい馬鹿と、そうじゃない馬鹿だ。

かわいらしい馬鹿はむしろ印象がいい。
お前馬鹿だな~、って感じで、親愛の意味を込めることが多い。
人と違ったことをしようと思えば滑稽に見えることもあるし、向こう見ずになることもある。
そういう馬鹿は、貴重なんだ。

だから俺は賢くても無個性な奴よりも、かわいらしい馬鹿の方がよっぽど好きだ。
俺もそういう生き方をしていきたい。

スポンサーリンク

それで、かわいらしくない馬鹿のことだが、これはクズと同じ意味だ。
かわいらしくない馬鹿とは、自分を賢いと勘違いして、何も挑戦しないのに挑戦する人間を批判して、批評家面しているような奴のことだな。
インテリ(笑)って奴だ。
あとは自分で解決しようとせずに不満ばっかり言う奴な。

こういう奴は救いようがない。
イジってもセンスがないからつまらない。
ありきたりなことしか言えない。
ヤフーのコメント欄によくいるような奴な。

というわけで、馬鹿はポジティブでおいしい、クズはネガティブで救いようがない、というニュアンスで使い分けていこうと思う。

↓霧末信者は、押せ。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク