売買履歴を振り返っての発見

さて、話の続きと行こうか。
霧末10種の売買履歴を打ち直してみた

売買履歴を振り返ってまず気付いたこと。
それは、俺、色んなETF買ってたなってことだ。

S&P500のSPYに始まり、新興国のVWO、米国除く先進国のEFA、全世界のVT、米国ほぼ全体のVTI、米国債券のAGGやBND、果ては米国除く先進国債券のIGOVなんてのもあって笑った。
株だけでなく、債券まで世界分散したかった当時の思惑がよく分かる。

だが、そういったETFの大部分は短期間で売ってしまい、その資金でVTを買いだした。
かと思えば、またSPYにも投資したりしていた。
全世界か米国かで迷っていたのだろう。

スポンサーリンク

そんなことをしている内に、ETFはほぼVTだけになってしまった。
そして、シーゲル赤本等に出会い、個別株投資に目覚めていくのだが。

ここで2つ目の気付き。
俺、米国株ブログを始めてから、追加投資ペースが早くなっている。
明らかに。
これは、個別株投資に目覚めて株が楽しくなったのもあろうが、何よりも、ブログをやっているから投資資金を意識して確保するようになっていったことによるものらしい。
投資ブログの思わぬ効用である。

ここ数年で俺の手取りが激増した訳ではないので、要は生活資金を投資に充てる割合が増えたということだ。
そういえば、ここんところほとんど無駄遣いしていない。
言い切れる。

ということで、自身の売買歴を振り返ったことで、アルバムを見るような懐かしい思い出に浸れたり学びがあったと同時に、投資ブログやっててよかったなあと思うのであった。

スポンサーリンク