すぐに儲ける必要ない奴ほど結局儲かるんやろな

米国株投資しとって思うのがな、やっぱり資産はあった方が有利ってことや。
それは単に動く金額がでかくなるって意味だけじゃなくて、それ以上に、心の余裕につながるんや。
心に余裕があると、落ち着いて投資できる。
だからリスク管理を怠らんことにつながるってことやな。

で、この資産っていうのは、運用資産だけに限らんと思うのよ。
人的資産とでも言うんかな。
要は、普通にサラリーマンしとるって状態だけでも資産なんやってな。
とりあえず収入はあるから、株だけの利益で生活する必要がない。
だから利益を求めすぎて無理な運用をする可能性は減る。
減るってだけでないとは言わんで。
例えばホワイト企業勤務なら余裕あるから無茶しにくいやろし、ブラック企業勤務ならはよ辞めたいから無茶しやすい。
どんな会社に勤めとるかにもよるんやろけど、少なくとも同じ運用資産なら、無職よりサラリーマンの方が余裕あるやろ。

スポンサーリンク

かくいう俺も、最近はだんだんリタイア願望も薄れてきて、というのも今の生活でやりたいことできとるから、そういう意味であんまり急いで資産を築く必要がなくなりつつある。
だがな、恐らく皮肉なことに、こういう心境の方が、むしろ資産は早く築けると思う。
金を追い過ぎず、一歩引いた位置から冷静に判断する。
そしたら却って金が入ってくるような気が、経験からも感じている。
ガツガツせんようになったらもてたみたいな話やな。

欲しがると逃げるし、欲しがらんと寄ってくる。
ただ、欲しがらんとはいっても、仕掛けは作っておく。
そんな感じやな。

だいたい年これくらいのリターンを見込めればええわという目安があると強い。
そしてそのリターンは無理のない程度のものな。

結局のところ、投資に最も必要なのは、心の余裕なのかも知れない。

スポンサーリンク