常に新しいものに触れる姿勢

俺は結構あまのじゃくなところがあって、流行のものに乗っかるのが嫌いだったりする。
子供の時からずっとだ。
歳の離れた兄の影響もあり、上の世代の音楽を好んで聴いていた。
漫画とかもそう。
同世代とは話が合わないことも多かった。
話ができるように同世代の友達を俺の趣味に引きずり込んだりしていた。

まあこういう姿勢は一生直らないし直したいとも思わないが、常に新しいものに触れるようにはしたいなと思っている。
流行に乗るとはちょっとニュアンスが違うかな。
今の文化を理解しておく、って感じかな。

昔を懐かしんで昔のものばっかりに囲まれる暮らしはしたくないと言っているのだよ。

スポンサーリンク

なぜなら、昔を懐かしむと老けるんだ。
これは間違いない。
あの頃はよかったなあなんて言い出したらもう最悪。
心は半分棺桶に足を突っ込んでいる。

新しいものって慣れるまでに時間が掛かるし、馬鹿らしいと思うかも知れない。
でも文化に乗り遅れると老ける。

だから、昔のよかったものはよかったもので楽しみながらも、今のものでも楽しみたいのよ、俺は。
今のものでも王道系からマニアック系まで色々ある。
俺はどうせマニアック系を選ぶんだろうけど。

悟ったような顔してスカしてみても無駄さ。
どうせ何も分かっちゃいねえんだから。
だったら今を楽しもう。

スポンサーリンク