ありのままの気持ちを否定しない

例えば、これから仕事を続けていくのが嫌だと思ったりする。
その時に、いや、それでも○○、と仕事を続けていくことのメリットとか慰めみたいなのを考える癖が俺にはある。
無理矢理いい方向に持っていこうとする考え。
なんかねえ、こういうの、あんまりよくない気がする。
健全じゃない。

素直な自分の気持ちを否定している。
だから無理がかかる。
無理がかかったままで生きる。
だからまたおんなじところでつまづく。
負の感情も含めて、ありのままに放置する方がいい気がするんだ。

スポンサーリンク

負の感情を周りにまき散らすのは最低の行為だが、自分の中に留めておく分には問題ない。
下手に否定するからなおさら増大しているような結果になる気がしてならない。

いいも悪いもそのままにしておく。
下手に手を加えない。
そうすれば新たな展開が生まれる。

だから俺は自分の感情をそのままにしてみようと思う。
いいも悪いも。

それが自然な形だと思う。
自然なものを否定するから無理がかかる。
あるがままに。

スポンサーリンク