アンチの暴言はアイシテルのサイン

ネットを見回すと、注目されてものには、必ずといっていいほどアンチが粘着しているよね。
ブログ、ツイッター、YouTube、etc・・・。
その内容を見てみるとほぼ100%センスゼロのゴミみたいなもので、他の見ている人にとっては見苦しいことこの上ない。
アンチは自分で馬鹿です、って証明しているみたいなものだからね。

分かっていると思うけど、俺が他のブロガーに以前に絡んでいた時は、批判してやろうと思ってしたわけじゃないからね。
実際、俺の絡みを直接受けたブロガーは、悪い気はしなかったはずなんだ。
俺がそういう印象を与えないように考えて投稿していたからね。
相手が返しやすいところにしか投げていない。

ただ、俺がそういうことをしだして、真似するブロガーも結構いたみたいだけど、簡単に上手くいくわけないよね。
一見批判しているように見せかけて、実は良好な関係を築こうとするのは、誰でもできることじゃないんだ。
案の定、勘違いして滑るブロガーが続出したね。

スポンサーリンク

アンチの話に戻ろうか。
なんでアンチはわざわざ暴言を言うんだろうね。
それはね、かまってほしいからさ。

ネットでアンチ行為するような奴は、孤独で寂しい奴さ。
友達もいない。
だから誰かに相手にしてほしい。
どうせなら人気者に相手にしてほしい。
よし、じゃあ批判的なことを言って、目立ってやろう、と、程度の低いことを無意識のうちに考えるわけだ。

普通ならさ、自分の主義と違うブログ、ツイート、動画があっても、ははは、馬鹿なこと言ってら、と流せてしまえるもんさ。
というか、興味をもたない。
それを見逃せないというなら、とても気になっている証拠なんだ。

つまり、アンチの暴言はアイシテルのサインだ。
歪んだ愛情表現なんだよ。

好きの反対は無関心。
よく言われるよね。

ただ、どうせ好きなら、アンチなんかやめて、好きと認めてしまえばいいのに。
そうすれば、今よりは孤独でなくなるのに。

まあ、それができりゃ、アンチなんかしてないよね、あっはっは。

スポンサーリンク