アマゾン(AMZN)&アップル(AAPL)、安定の急落


霧末10種。
マクドナルド(MCD)、バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)、ユナイテッドヘルス・グループ(UNH)、ビザ(V)、ナイキ(NKE)、アップル(AAPL)、アマゾン(AMZN)が不調。
今日はバリュー株に救われたな。
全体で-1.99%


S&P500ETFは-2.29%
霧末10種の勝ち。
昨日気付いたんだが、実際のS&P500指数と、S&P500ETFのパフォーマンスは、1日単位でも乖離しているんだな。
長期的には一致していくイメージなんかな。
まあいい、俺はS&P500ETFと勝負する。


セクター別。
公共とエネルギーがマシな程度で、後は全て不調。
特にハイテクはひどいね。

スポンサーリンク


裏霧末10種。
デューク・エナジー(DUK)、ロッキード・マーチン(LMT)、ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)がマシなくらいで、後は全て不調。マイクロソフト(MSFT)の下げもエグいな。


ウォッチリスト。
コカ・コーラ(KO)、フィリップ・モリス・インターナショナル(PM)、エクソン・モービル(XOM)がマシなくらいで、後は全て不調。
今日はこの言い回しが多いな。
なぜなら、不調銘柄だらけだから。


運用資産。
減った。
S&P500に勝ったし問題なし。
追加投資までの20日弱、何とかこの軟調相場が続いてくれ。
それで追加投資したらぐんと上がってくれ。
頼むぞ。

↓霧末信者は、押せ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク