俺のライバルは、あいつだけ

米国株投資における俺のライバル、それはあいつしかいない。
あいつとは誰か。
S&P500だよ。
厳密には、S&P500ETFである、IVVだな。

他にライバルなんていない。
他人と投資パフォーマンスを競ってどうすんだ。

他人がいくら儲けようが損しようが、それで自分に影響があるか。
何も関係ないだろ。
他人に勝って何か貰えるのか。
他人に負けて何か取られるのか。
何もないだろ。

スポンサーリンク

それより、もっとはっきりした競争相手がいるだろうよ。
S&P500だ。
個別株投資しているなら、やっぱり勝ちたいじゃないか。

俺みたいに毎日S&P500と競う必要は全くないが、やってみると楽しいもんだ。
それに冷静になれる。

例えば、ポートフォリオが2%上昇してもS&P500が3%上昇していれば負けているし、逆にポートフォリオが3%下落してもS&P500が4%下落していれば勝ちだ。
実際は配当が絡んでくるから、これがトータルリターンというわけにはならんのだが、自分のポートフォリオの値動きの傾向が掴める。

他人と比較していると冷静になりにくいが、市場平均と比較していると冷静になれる。

俺も人間だから、他人のパフォーマンスを羨むことはあるが、競おうとは思わない。
競うのは、S&P500のみ。
俺にとってはそれが、ベストに近いベターな考え方だと思えるくらい、しっくりきている。

↓霧末信者は、押せ。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク