アップル(AAPL)は売ってしまうことがあるかも

俺はアップル(AAPL)ホルダーであるが、この先、この銘柄を売ってしまうことはあり得ると思う。
霧末10種の中では入れ替え可能性の高い部類に入る。
最近アップルを売った途端上がってしまった残念な投資家もいたが、俺もまああんまり人のことはいえない。
永久保有を宣言するつもりはないし、旗色が悪けりゃ退散する。
手放した途端に爆上げしてもまあ仕方ない。

正直、俺だってアップルが今後どういう道を辿るのか想像がつかない。
未知数なんだよな。
俺がアップルを新規購入した頃から少し状況が変わってきたようだ。
それで、アップル売って何買うかといえば、まず思い浮かべるのはマイクロソフト(MSFT)とアルファベット(GOOGL)だな。

スポンサーリンク

アップルを売ろうなんて思うのがいつになるか分からんから、もしかするとその頃には別の会社がハイテクセクターで幅を利かせているかも知れない。
だが、それは現時点では読めないので、現時点での話をすれば、マイクロソフトかアルファベットだ。
それで、どっちかというとアルファベットだ。
アルファベットがまだ1番企業としての可能性を残していると思うんだ。
アップルもマイクロソフトもだいぶ守りに入りつつある。

あとは予想が立てづらいハイテク銘柄を避けて、ロッキード・マーチン(LMT)のような堅い株に投資するのもありだが、リターンは減りそう。

アップルの将来なんて全然分からん。
しかし現時点では売る理由がない。
だから売らない。
そう、俺は予感では動かない。
結果をみてから動く。

スポンサーリンク