アップル(AAPL) 買いに見えるんだが

米中貿易戦争の影響で元気のないアップル(AAPL)。
アップルが中国から締め出されそうな雰囲気すらある。
だが、ちょっと冷静になると、別の風景が見えてくる。

アップル、今、割安じゃね?
いや、アップルはもともとPERは低めか、普通は。
でも、それにしても、現在のPER及び予想PERは、割高とはいえないと思う。
主なグロース株の中で1番割安ではなかろうか。

なんでこの時期に、アップル売りました、という声は聞こえても、アップル買いました、という声は聞こえないのだろう。
リスキーに思えて買えないのだろうか。
だから割安なのか。

スポンサーリンク

あいにく、俺は保有比率最低の銘柄を買い増す方針なので、アップルに追加投資するのはもう少し後になりそうだ。
だが、本心では今買い増したいくらいだ。

もし中国からアップルが締め出されたとしても、それだけで経営が傾く会社であろうか。
俺はそうは思わない。
まあそれ以前に、締め出されることもないと思うが。

なんというか、株式投資においては、極端な考えを持ちがちだと思うんだ。
ちょっと最高値を更新するとそれが今後も長い間続くんじゃないだろうかと思ったり、ちょっと悪材料が出て急落すると、破綻まで心配したり。
そりゃあそんな可能性もないわけではないが、もっと現実的に起こりそうなことは別にあるはずである。

近い将来、やっぱりアップルが最高、なんて声が、また聞こえてくる気がしてならない。
そして、その時はすでに割高になっているだろう。

スポンサーリンク