日常

なぜ教育ママは教育に失敗するのか

投稿日:

学生時代、勉強してこなかった母親ほど、自分の子供に勉強を強制する傾向にあると思う。
それで、自分は勉強のやり方を知らないから、子供にやれというだけ。
もしくは塾や学校に丸投げ。
そして、テストの点数には文句を言う。
子供に、塾に、学校に。

さて、誰が原因で子供の成績が悪いのであろうか。
母親である。
それは、遺伝という意味もあるのだが、そういう環境を作っているということも挙げられる。

子供からしたら、勉強してこなかった母親に、勉強しろと言われても、素直に従う気になるだろうか。
ならない。
何で勉強してこなかったあんたにそんなこと言われなきゃいけないの?と思うだろう。

大体、自分が勉強してこなかったのに子供に勉強をさせようとする母親は、子供を高学歴にさせて、周囲に自慢したいという思いがあるのだ。
高学歴な子供という、ブランドが欲しいのだ。
自分に何もない人間ほど、楽してブランド=権威を欲しがる。
自分がやるより、人にさせる方が楽である。
身の程知らずで高望みの婚活女のような考えである。




あとは、自分が勉強してこなかったから、社会に出てから苦労して、同じ思いを子供にさせたくない場合もあるだろう。
だが、だからといって、それは子供には通用しない。
それは、元ヤンキーの親が、俺は若い頃やんちゃしてて後で苦労した、お前にはそんな苦労させたくないから最初から真面目でいろ、と子供に言うのと同じである。
そんなもん子供が聞くわけない。
自分はやんちゃしてたのに子供にはするななんて、そんな都合のいい話はない。
こういう教師いたよな。
超独善的だ。
若い頃自分を抑えられなかった者が、子供に自分を抑えろと言う資格はない。
学生時代勉強してこなかった者が、子供に勉強しろという資格はない。
なぜなら、自分が子供の時に、やらなかったのだから。

自分は若い頃勉強してこなかったけど、子供ができて、子供には勉強して欲しい。
だから、自分も子供と一緒に勉強しようと思う、というスタンスを表明する母親もいる。
これ、一見素晴らしいように見えて、実はそうでもない。
まず、若い頃勉強してこなかったという事実に変わりはないのだ。
だから、もし母親が、一緒に勉強しようよ、と誘っても、子供が、あんた、若い頃は勉強してこなかったんでしょ?だから私も今はやらない、と言われたら、そこまでなのである。
そこで母親がキーキーヒステリーを起こすことはできても、真っ当な反論はできないのである。
だって、若い頃、勉強してこなかったのだから。

それに、こういう母親は、子供が小学生くらいの時は一緒に勉強するが、中学、高校と、次第に勉強が難しくなるにつれて、いつの間にか自分は勉強からフェードアウトしているものなのである。

中には、一念発起、難関大学に一般入試で受験して合格、行動で示した、みたいな母親も少数はいると思うが、それにしても、大人になってからしたことなので、若い頃勉強しなかったことに変わらない。
大人になってからの一念発起に心を動かされるか否かは、子供次第なのである。
子供は、ああお母さん、頑張って勉強したんだな、私も勉強しようかな、と思うかも知れないし、いくら勉強したって言っても大人になってからじゃん、若い頃は勉強してないじゃん、だったら、私も大人になったら勉強する、と思うかも知れない。
どう思うかは、子供の自由なのである。

母親は自分の努力に酔う部分がある。
自己満足というやつである。
子供と一緒になって勉強してる私、凄い、いい母親。




違う違う。
本当に大事なのは子供が自主的に勉強しているかどうかであって、母親が寄り添ってとか、そんなもんどうでもいいのである。
自分がいい母親であるという自己満足感を高めるためでなく、子供が目的を達成できるためにサポートするのが本来の役目のはずである。

こういう教育ママ問題は、父親と母親の偏差値に差があるほど起こりやすいと思う。
この場合、父親の偏差値が高く、母親の偏差値が低いということである。
自らに力はないのに、周りを見て、高望みをするのである。
それで、上手くいかないと。

皮肉なことに偏差値の高い母親は、子供に勉強を強制することは少ないのだ。
なぜなら、言わなくても子供は勉強するから。
自主的に、勉強するから。
それは遺伝もあるが、普段の母親の姿を見ていることもあろう。

また、偏差値に差があっても、夫婦ともに偏差値に関心が薄ければ、それほど問題にはなりにくいだろう。

世の中、偏差値なんて何の強みにもならない世界だってたくさんある。
そういう世界を知っている、理解がある夫婦なら、教育ママ問題は起こりにくいだろう。

いや、スポーツとか、芸能でも、そういう母親はいるような・・・
共通しているのは、自分ができなかったのに、子供にやらせている、である。

自分はやりたくないけど人にやらせて利益だけ貰いたい。
そういう腐った精神が、教育ママを生み出しているのではなかろうか。

-日常

Copyright© 霧末は隠居している , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.