日常

鶏もも肉じゃダメなんでしょうか!?

投稿日:

筋トレをしている者なら大抵食べている食材の1つと言えば、鶏胸肉である。
それも皮なし鶏胸肉である。
皮なし鶏胸肉は、脂質もほぼないから、純粋にたんぱく質だけを摂れるのである。

さてこの皮なし鶏胸肉、栄養は抜群であるが、食感がパサパサしているというデメリットがある。
なのでガチのボディビルダーがやるような、そのまま茹でて食べるという方法は、続けていくにはかなりつらいものがある。
そこで、普通、煮たり加工したりして、パサパサを緩和して食べるというスタイルにすることが多い。

俺なんかは、皮なし鶏胸肉を、焼いて食べたりもする。
照り焼きとか。
オリーブオイルを引いて。

で、ある時気付いてしまった。
あれ、何で俺、鶏肉を焼く時に油を引いているんだ、と。
良く考えたら、わざわざ油を引かなくても、肉そのものの油を利用すればいいんじゃね?と。

つまり、今まで敬遠していた皮の部分を油として使い、オリーブオイルのような油は引かないということである。

それで、そもそもその考えなら、鶏胸肉に拘らずとも、鶏もも肉でもいいんじゃないかと思った。
どうせ皮付きを食べるなら、鶏もも肉の方が柔らかくてジューシーだからだ。
で、調べてみた。

詳細は省くが、どうも皮付きであれば、胸肉ももも肉もあまりカロリーは変わらないらしい。
じゃあもも肉でいいじゃん。
それで、皮なし鶏胸肉と皮付き鶏もも肉のカロリー及び脂質比較になると、やっぱり皮なし鶏胸肉の方が低い。
だが、皮なし鶏胸肉プラスオリーブオイルと皮付き鶏もも肉を比べると、カロリーそんなに変わらん。
皮付き鶏もも肉の方がややたんぱく質低く脂質高くなるが。
俺にとっては誤差の範囲だね。




で、大して栄養素変わらんなら美味い方がいいに決まってんじゃんってことで、早速鶏もも肉のステーキ(照り焼き味)を作ってみた。
すると、予想通り、オリーブオイルを引く必要はなかった。
皮の油だけで十分だった。
んで、実食。
・・・
やっべえ美味い。
ファミレスのチキンステーキの強化版。
クリスマスのローストチキンの強化版。
これが筋肉飯、だと・・・!?

普通、筋肉飯とは、筋肉飯にしては美味い、美味くないが基準になるのだが、この鶏もも肉のステーキは、筋肉飯以外のもの、例えばファストフードとか寿司とか、そういうありとあらゆる料理を加えたものの中でも、かなり上位にランクするくらいの美味なのである。
筋肉飯でこれは普通ありえない。
これより美味いものって、そんなにない。

これは凄い発見をしてしまった。
鶏を焼くならオリーブオイルを使わず皮を使え。
鶏を焼くなら胸でなくももを焼け。

皮なし鶏胸肉の茹でたのしか食べないようなガチのボディビルダーならともかく、俺にとっては、少し脂質が増えようとも、食べやすく、というか超美味く、栄養もある鶏もも肉のステーキの方が、絶対に長続きするし食事が楽しみになるしいいことしかない。

鶏もも肉じゃダメなんでしょうか!?

-日常

Copyright© 霧末は隠居している , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.