日常

不況に強いとされる職業も真に不況に強いとは言えない理由

投稿日:

世間はコロナ真っ盛りである。
困った困った困ったちゃん。
株こそ調子がいいものの、実体経済は冬の時代を迎えている。
どっちみち今冬だけど。

それで、今どの程度失業者がいるとか、そういうことは俺は把握してないんだけど、まあコロナで生活が困っている人はたくさんいるだろう。
仕事を首になったとか、給料下がったとか。
生活できんから給付金くれって言ってるもんな。

ところで、こういういわゆる不景気の時に、強いと言われる職業がある。
公務員とかそれに近いもの、病院、まあそういったところである。
いわゆる固いと言われるような職業。

さあ、世間はコロナで苦しんでいる。
だが、不況に強い職業なら首になるような心配はナッシング。
だからオールオッケー!
となるだろうか。

俺はならないと思う。

あのさ、確かに会社が潰れたりそういう心配はないと思うけど、不況に強い職業ってのは、言い換えると不況に需要が高まる職業ってことで、つまり、不況になるとクッソ忙しくなるってことなんだよね。

しかも、そういう職業は、不況に給料が下がりにくいってだけで、上がるわけではない。
だから、平常時に比べて給料同じか少し低くなっているにも関わらず、業務負担が激増するのね。
つうことはだよ、例えばその業務負担で感じる精神的負担が平常時の2倍だったとすると、実質給料は平常時の半分以下で働いていることになる。
実質時給半額以下である。

精神的負担が2倍ってのは大袈裟に見えて、実はそうでもない。
例えば業務量が1.5倍に増えたとしても、精神的負担は2倍になったりするもんなのである。
人間、機械ほど強くないのよ。




それで、外国なら国によって程度は違うと思うけど、実質時給が下がったんならその分手を抜いてやれ、となると思う。
ところがここは美しい国、日本。
労働に手抜きは許されません。
組織のためにひとりひとりが責任を持って。
給料は上がらないけどやりがいを持ちなさい。
こんなクレイジーな空気の中働くことになるのよ。

これ、こうやって言ってるとクレイジーに見えるけど、実際自分がその現場に行ってみると、とてもそんなこと言える雰囲気じゃないことが分かる。
みんな、クレイジーなことには薄々気付いていてるんだけど、そこから自分だけが離脱することは極悪人のように思えてくる。
本当に極悪なのはその空気の方なんだけど。

まあそんな具合で、不況に強いと言われる職業でも、不況時には需要がありすぎて疲弊して、実質時給が半分以下になったりするのである。
そこまでで済めばまだいい方である。
これが進んで心身壊したらマジで割に合わない。

今もうすでに壊した人も、壊す前に辞める人も、かなりいるだろう。
ってことで、職業自体が不況に強くても、その時に訪れる業務負担増加に耐えられないのであれば、真に不況に強いとは言えないのであり、程度の差こそあれ人間は不死身ではないから、よって真に不況に強い職業というものは存在しないのである。

また、労働者でなく投資家であっても、基本不況に弱いからね。
立ち振る舞いによっては強くなれるかも知れんけど、基本弱い。
だから俺は投資家になるのを勧めたりはしない。

どんな職業だろうが不況はつらいってこったね。

ただ、それで、みんなつらいんだからお前も我慢しろ的な考えはいかにも日本的で、そして危険である。

俺はむしろ逆で、みんなつらいからこそ俺は我慢しない。
我慢しないことで見えてくる世界がある。
意外と、生きていけるもんなのである。

-日常

Copyright© 霧末は隠居している , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.