日常

退職金ぶちこみ霧末

投稿日:

俺は仕事を退職するにあたって、退職金やらその他払い戻し金やらが口座に振り込まれることになった。
ただこの口座というのがネット証券等にネット送金できるものではなく、もしするとすれば、ネット送金以外の方法でネット証券口座等に振り込む必要があった。
俺は必要以上の現金は持たず残りは投資する主義なので、口座の金を移動させて投資する狙いだったのだ。

退職金ぶちこみ太郎は、退職金ぶちこみなどという名前を名乗っている割に本当のところちっとも退職金などぶちこんでおらず、ZMがBABAがARKがクリエネがなどと推しがコロコロ変わっていくような頓珍漢な奴であるが、俺は正真正銘、退職金ぶちこみ霧末なのである。

ただし退職金ぶちこみなどというネーミング自体名乗ったところで何一つメリットもないので、俺はそれを名乗ることなく、タイトルを頓珍漢に返上しようと思う。

まあそんな話は置いておいて、ネットに対応させていない普通の銀行口座から、ネット証券に資金を移す場合、どういう手段があるか考えてみた。

正統派のやり方として、普通の銀行の窓口に行って、資金全部をネット銀行の口座に振り込む方法が考えられた。
振込手数料はかかるが、シンプルな方法だ。
だが、これには問題があって、1つは万一振込先を間違えてしまったらということである。
まああんまり心配しなくていいかも知れないが、金額が多いと少し心配になった。
そしてもう1つの問題、こちらの方が重要なのだが、ある程度まとまった金を他の銀行に移そうとすると、窓口で、定期預金やら投資信託やら保険やらウザい勧誘及び引き止め工作が必ずあると考えていた。
超ウザい。

なので、俺は他の方法を考えた。
それは、普通の銀行のATMから1日50万円を引き出して、それを郵便局やコンビニのATMを通じてネット銀行に入金するのを繰り返すというものである。

銀行のATMは初期設定では1日の出金限度額が50万円になっているから、1日50万円下ろすのである。

この方法は、資金を移動し終えるまで毎日続ける必要があったり、現金移動中に襲われて奪われる可能性もないことはないのがデメリットなのであるが、振込ミスはないし、銀行の窓口でのウザい勧誘はないし、万一現金が奪われても被害は50万円までと限定されているのがメリットである。

俺はこの方法がいいと考えて、実行に移した。




普通の銀行のATMから50万円を下ろした瞬間、うわあ、多いなあと思った。
これより厚い札束は見たことないかも知れない。
普段これより多い金額を資産運用しているのだが、それは画面上のことであり、実際現ナマを見ると迫力が違う。
財布もパンパンになる。

ネット銀行に入金するATMまでそんなに距離はないのだが、その道中は、自分以外の人間が敵に見えて、泥棒に見えた。
現金を輸送するということは、なかなかプレッシャーがかかることなのだ。
ATMでネット銀行への入金をする時も、分厚い札束を入金口に入れる際に誰かが横から手を伸ばしてきて奪われないかなどと考えていた。

結局、必要作業回数を終えて、無事資金移動作戦は成功した。
ネット証券に入金された資金で、投資を完了した。

現金輸送はプレッシャーがかかる。
独特の緊張感がある。
だからもうやりたくないかと聞かれれば、もう50万円もらえるならまたやってみたいなあなどと考えているのである。

-日常

Copyright© 霧末は隠居している , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.