投資

株式投資で1番重要な要素

投稿日:

株式投資のパフォーマンスを左右する最大の要素って何だろうか。
緻密な分析力?
暴落しても慌てない精神力?
一瞬のチャンスを逃さない反射神経?
俺は、どれも違うと思う。

俺が考える、株式投資で1番重要な要素は、運である。

なぜそう思うか。

それは、相場が良くなければいいパフォーマンス叩き出すのが難しいというのももちろんあるのだが、それ以外に、株に必要なあらゆる能力も運で決まっていると思うからである。

例えば、暴落した時に慌てないというのは、どの投資スタイルをとっていても大事なことなんだが、慌てる慌てないというのは個人が元々持っている気質によるものであり、努力でどうこうなるものではないのである。
よく暴落しても慌てないように云々などということが言われているが、実際のところ、慌てる者は何度暴落に遭遇してもまた慌てて判断を誤るし、逆に慌てない者は慌てないままなのである。

自分で調べて自分に有利な投資スタイルを築いていくっていうのも大事なことだが、これに関しても、そういうことができる人間はそういう気質、才能を持っているからできるのであり、いつも他人の意見に流されてしまう人間には無理なことである。
これは努力が足りないのではなく、元々がそういう気質なのだ。




俺が言いたいのは、株に必要な様々な能力は、努力ではなく才能に基づいているものであり、一見努力に見えるものでも、それは本人からすれば興味があったからしているだけで、株に興味を持ったのも、それを続けたのも、改善していいパフォーマンスを叩き出せたのも、全て生まれ持ったものであるということである。

そして、その才能は運がいいから持って生まれたのである。
努力ではない。
努力と思える部分も実は才能に基づいているのだから。

こういうことを言うと何の救いもないような印象を受けるかも知れないが、俺はそうは思わない。
ただ、株式投資が上手くいっているのならば、それは運がいいだけで、上手くいっていないなら、それは運が悪いだけという話なのだ。
だから、上手くいって驕ることも、上手くいかなくて卑屈になることもないのである。
自分のおかげでもせいでもなく、ただ運の良し悪しで決まっているのだから。

こういった考えは、株式投資以外でも、全てのことに当てはまると思う。

例えば、医者になりたいとして、医者の家や金持ちの家に生まれれば、その望みは叶う確率が非常に高い。
だが、貧しい家に生まれれば、それは難しいだろう。
本人が努力して学費の安い国立大学医学部に行けばいいだろうと言う者がいるかも知れないが、そこは当然狭き門であり、合格水準に達するために必要な知識量というのも相当なものになるだろう。
そこに合格するということは、本人に質と量を兼ね備えた勉強を続けようとする意志や勉強が得意だという特性が必要であり、それらは努力ではなく才能で決まる。
また、医者になりたいというきっかけが必要であり、そのきっかけに遭遇するのも運である。

医者という例を出したが、一事が万事こんな具合である。

世間が努力と呼ぶものさえ、本当は才能、運に基づいている。

人間はどんな能力でも、半分以上は遺伝で決まるらしい。
ほら、やっぱり運だ。

俺が今こういう人生を歩んでいるのは、なるべくしてなったと思っている。
自分が自由に人生の選択をしているように見えて、実はそうではなくて、自分の気質だからこういう選択をしたに過ぎないと思っている。
そして気質は生まれ持ったもので、才能で、運だ。

今の自分の状態が良くても悪くても、それは全て運であり、自分のおかげでもせいでもない。
だからあがく必要もない。
なるようにしかならない。

運に身を任せるというのは、心地良いものである。

-投資

Copyright© 霧末は隠居している , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.