日常

アーリーリタイアしたけど暇だったから仕事復帰しました、にならない方法

投稿日:

俺は隠居してしばらく経つが、今は暇してない。
だが、隠居してすぐの時は少し暇を持て余していた。
kindleで本を読んだりしていたのだが、何せ隠居してたら実用書の類なんて必要ない。
カーネギーの人を動かすを読んだところで、動かす人がいないのだから無意味である。
投資本もある程度読むと後はいらない。
読む本読む本にいちいち影響されて投資スタイルを変える方がやべえと思っている。
というわけで実用書はなしで、文学とかそっち系を読んでみるも、あんまり頭に入ってこず。
本を読みたい時っていうのがあって、それ以外のタイミングだと苦痛なだけだったりする。

そんなわけで読書に飽きて、ならば株のことでも考えてよりパフォーマンスを上げてやろうかしらんと思ったわけだが、これまた一日中株のことなんか考えていられるわけもなく、自分の中でおおよその答えが決まっているから、後はそうだね、そうだね、うん、うん、と、不安要素を引っ張り出してきては自己解決して納得しての繰り返しであった。
無意味。

暇を持て余しているといっても仕事に復帰する方がよっぽど嫌だったのでそういう発想にはならなかったが、じゃあ家でできる仕事やってみようかなんて思ってやってみたらだるかったんだなあこれが。




それでじゃあゲーム好きだしやってみるかってことになった。
ゲームに関しては、株式投資というリアルマネーゲームを普段からやってるから少し物足りなく感じていた。
所詮実利が絡まなければ燃えんでしょと。

ゲームにちょっと冷めていたのは、俺のPCがぼろかったこともあった。
だからやれるゲームの選択肢が限られていたんだ。

ところがそんな俺の目の前に、救世主とも呼べるゲームが現れた。
その名は、ペルソナ4 ザ・ゴールデン(以下P4G) である。
このゲームは、Steamでできるゲームである。

Steamとは、PC上で起動するゲーム機みたいなもんである。
そのSteamで、P4Gが安くで売っていた。
このゲーム自体はちょっと古く、Steamに移植されたのは最近といった感じで、俺のボロPCでも何とかできそうだった。
そして、俺は、ペルソナシリーズは初めてだった。

やってみた。
やばかった。
ゲームに熱中するという何の実利もない無駄な行為が、脳内に最高な快感物質を駆け巡らせた。
P4Gに関しては詳しいことはまた後で書こう。

とにかく膨大な時間を費やして人生の全てがP4Gしかなかったくらいにのめり込んで、やっぱり動作がだるかったからゲーミングノートPC買っちゃったわい。
14万円だったかな、くらいしたけど最高の買い物だったよ。

それでP4Gやりつくしたら、次はSteamでロマンシングサガ3を買ってやった。
これもやべえ。
四魔貴族聴くとうおおってなる。
これも詳しくは別の機会に。




というわけで、俺が隠居生活の暇を克服した方法は、ゲームである。

それで、今タイミングがいいことに、Steamでウィンターセールやってるんだ。
大きなセールとしてサマーセールとウィンターセールがあって、そこで半額になったりする。
だからそこを狙って俺は爆買いした。
ゲーミングPC買った時にもらったSteamポイント1万円分と、プラス2万円追加して50%オフとかのやつを買いまくった。
それらを半年とか1年かけて遊べたら糞みたいに安いもんだね。

FF14も実は買ったんだけど、これはSteam版じゃなくてWindows版にした。
FF14の話もその内。

で、今やってるのはSteamのクロノトリガー。
これもやべえ。
これも後日話す、かな。

ゲーミングPCでレトロゲームやってもええやん。

恐らくゲームはのめり込み過ぎるとやばいだろう。
だが、清く正しくやれることに面白いことなんてない。
結局面白いことはやべえことだ。

後は、どちらを選ぶかだ。

少なくとも今、俺は暇どころか忙しい。
ゲームで。

-日常

Copyright© 霧末は隠居している , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.