投資手法

【米国株】ヤヴァイ高配当株

投稿日:

高配当株といっても色々あるが、高配当過ぎる株というのは基本的に危険だと思う。

例えば今で言うと配当利回り5%超えは、タバコ株やエクソン・モービル(XOM)、シェブロン(CVX)、ボーイング(BA)、AT&T(T)、IBMなどである。

どいつもこいつもあぶねえ匂いがプンプンしやがる。

このどれもが糞株だとは言わないが、何年もの間ずっと高配当過ぎる株というのは、地雷案件と見ていいだろう。

よく考えてみろ。

なぜ超高配当になるのか。

誰も買わないからだよ。

いわくつき物件だからだよ。




例えばマンションを借りる時、便利で好条件なのに家賃3万とかならびびるだろ。

絶対何かあると思うだろ。

真っ先に思い浮かべるのは事故物件だ。

超高配当株というのは、事故物件みたいなものだと思う。

安いのは、高配当過ぎるのは、何か理由があるんだ。

ということで、俺は、超高配当株というのはなるべく避けるようにしている。

事故に遭いたくないから。

高配当株でいいのは高配当過ぎない株。

矛盾しているような言い方だが、これである。

こういう株はボラティリティも低めで、その割リターンを狙えるものも多い。

超高配当の基準だが、時代によって変わると思うが、大体配当利回り5%超えたらなんか怪しいなと思うくらいでいいと思う。

高配当株投資は低リスクみたいなイメージがあるかも知れないが、選び方間違えると高リスクである。

安定求めて高配当株でやられてりゃ世話ない。

よく考えて選ばなきゃな。

-投資手法

Copyright© 米国株は霧末 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.