投資手法

【米国株】暴落待ち、一括投資、つみたて投資、どれがいいか調べてみた【2000-2019】

投稿日:

では今回は、2000-2019の、暴落待ち、一括投資、つみたて投資、どのパフォーマンスがいいか調べてみる。

ルール及び前回の結果

【米国株】暴落待ち、一括投資、つみたて投資、どれがいいか調べてみた【1972-2019】

なぜ2000-2019かというと、1975年以降の目立った年単位での暴落は、2000年のドットコムバブル崩壊までないからだ。

つまり、暴落待ちにとっては超有利な条件となるはずだ。

この期間で駄目なら、暴落待ちなんか、おやめなさい、ということだ。

では始める。

暴落待ちの場合。

2000年1月に1,000ドル投資し、そのまま2003年まで待つ。

2003年になったら、それまでつみたて投資してなかった分、36,000ドルを一気に投資し、そのまま2009年まで待つ。

2009年になったら、それまでつみたて投資してなかった分、72,000ドルを一気に投資する。

2009年以降は、毎月1,000ずつつみたて投資する。

すると最終資産は、836,550ドルになった。

2000年1月に1,000ドル投資し、毎月1,000ドル投資する場合。

最終資産は、865,537ドルになった。

2000年1月に241,000ドル一括投資する場合。

最終資産は、817,307ドルになった。




うーむ、なんとも興味深い結果になった。

どれもそれほど差はないのだが、トップはつみたて投資、次に暴落待ち、最後が一括投資である。

暴落がドットコムバブル、リーマンショックと2回あったので、珍しくつみたて投資が一括投資に勝てた期間であることは以前の検証でも明らかにされていたのだが、暴落待ちがその間に入ってくるとは意外である。

暴落待ちが1番いいと思ったのに。

なぜなら暴落待ちに超有利な期間だったから。

前回そして今回の検証で、暴落待ちに意味がないことが分かったのではないだろうが。

調べているデータは少ないが、2000-2019でもこれなら、な。

暴落待ちに超有利な期間でさえ、つみたて投資に負けている有様で、一括投資ともそれほど差はない。

そして普段なら、つみたて投資は暴落待ちに圧勝し、一括投資はつみたて投資に圧勝する。

だから暴落待ちをしてキャッシュを余分に持っておくくらいなら、一括投資でできるだけ株に突っ込んだ方がいいと言える。

感情が許すなら。

どうしても怖いなら、暴落待ちするくらいならつみたて投資すれば?って感じ。

俺は一括投資するけど。

一括投資する資金ないけど。

では、また。

-投資手法

Copyright© 米国株は霧末 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.