調べてみた

【結論①】一括投資とつみたて投資、どちらがいいか調べてみた【2000-2009】

投稿日:

今回から、一括投資とつみたて投資の2000年を起点とした比較を行う。

まずは、2000-2019。

20年間である。

・・・と思ったら、これもうやってたわ。

さらに遡ると、1980-2019、1990-2019もダブって2回やってるわ(てへぺろ)

という訳で、今回は、まだやってない、2000-2009の10年間をやるお。

ルール及び前回までの結果はこちら

一括投資とつみたて投資、どちらがいいか調べてみた【1972-2019】

一括投資とつみたて投資、どちらがいいか調べてみた【1980-2019】

一括投資とつみたて投資、どちらがいいか調べてみた【1990-2019】

一括投資とつみたて投資、どちらがいいか調べてみた【2000-2019】

一括投資とつみたて投資、どちらがいいか調べてみた【2010-2019】

一括投資とつみたて投資、どちらがいいか調べてみた【1972-2011】

一括投資とつみたて投資、どちらがいいか調べてみた【1972-2001】

一括投資とつみたて投資、どちらがいいか調べてみた【1972-1991】

一括投資とつみたて投資、どちらがいいか調べてみた【1972-1981】

一括投資とつみたて投資、どちらがいいか調べてみた【1980-2009】

一括投資とつみたて投資、どちらがいいか調べてみた【1980-1999】

一括投資とつみたて投資、どちらがいいか調べてみた【1980-1989】

一括投資とつみたて投資、どちらがいいか調べてみた【1990-2009】

一括投資とつみたて投資、どちらがいいか調べてみた【1990-1999】

では始める。

2000年1月に1,000ドル投資し、その後毎月1,000ドルつみたて投資した場合。

最終資産は、153,615ドルになった。

2000年1月に61,000ドル投資し、その後毎月500ドルつみたて投資した場合。

最終資産は、135,690ドルになった。

お、下がった。

2000年1月に121,000ドル一括投資した場合。

最終資産は、117,764ドルになった。

更に下がった。




という訳で、久々に、つみたて投資の勝利となった。

2000-2019、1972-1981以来、3回目の勝利である。

それで、今回が1番一括投資と差を付けた形での勝利となった。

全部つみたて投資は全部一括投資の1.5倍とまではいかなくても、結構離れている。

ただ、これまでの一括投資の圧勝っぷりに比べればまだインパクトは弱いかな。

はい、という訳で、今回で年代ごとに振り替えるシリーズは最終回なのだが、ここまでをまとめておこう。

今まで検証した回数は、ダブりを除くと15回。

その内12回全部一括投資が勝利し、3回全部つみたて投資が勝利した。

一括投資の勝利の内、多い時で2~3倍の差をつみたて投資につけた。

つみたて投資の勝利の内、多い時で1.5倍弱の差を一括投資につけた。

半分一括投資、半分つみたて投資は、どの時代でも、全部一括投資と全部つみたて投資の間のパフォーマンスになった。

暴落直前だとつみたて投資有利だが、年数が経つと差が縮まり一括投資が逆転する傾向にあるようだ。

一括投資で普通の時代ならつみたて投資に圧勝、暴落前の貧乏くじを引くと負けることもあるが普段の圧勝っぷりに比べれば大した差ではない。

よって、全部一括投資が、ベストな選択と言えそうだ。

ただし、これは個人の感情を無視しているので、これだけのデータを見てもなお一括投資が怖いと思うなら止めておくべきだろう。

データを見て一括投資にすんなり行けるんなら行った方が報われる可能性は高そうだ。

心理的に負担が大きいようなら、間のパフォーマンスになる、半分一括、半分つみたてにする手もある。

ただ、期待できるリターンは下がりそうである。

あともう1つ問題なのが、そもそも一括投資する資金ねえよということ。

俺もない。

そう、普通ない。

だから、相続とかそういう特殊なケースでまとまった金が入ってどうするか考える時にこれらの検証は使えると思う。

でもそれだけじゃなく、例え普段給料から似たような額を追加投資している場合でも、参考にできる部分はある。

それは、現金は必要最低限しか持たず、後は全部さっさと米国株にぶちこめということである。

なるべく早く米国株を買った方が儲かると分かった以上、な。

現金は必要最低限しか持つな。

後は全部、1ヶ月でも、1週間でも、1日でも、1時間でも、1分でも、1秒でも、早く米国株にぶちこめ。

データはそう言っている。

と思う。

さて次回は、モンテカルロシミュレーションで、最後に、一括投資とつみたて投資を比べてみよう。

次回を、待て。

-調べてみた

Copyright© 米国株は霧末 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.