調べてみた

一括投資とつみたて投資、どちらがいいか調べてみた【1972-2001】

投稿日:

今回は、一括投資とつみたて投資の1972-2001の比較をしてみる。

30年間である。

ルール及び前回までの結果はこちら

では今回から、一括投資とつみたて投資の比較を1972年を起点にして40年間、30年間・・・とやってみようと思う。

まずは1972-2011の40年間である。

ルール及び前回までの結果はこちら

一括投資とつみたて投資、どちらがいいか調べてみた【1972-2019】

一括投資とつみたて投資、どちらがいいか調べてみた【1980-2019】

一括投資とつみたて投資、どちらがいいか調べてみた【1990-2019】

一括投資とつみたて投資、どちらがいいか調べてみた【2000-2019】

一括投資とつみたて投資、どちらがいいか調べてみた【2010-2019】

一括投資とつみたて投資、どちらがいいか調べてみた【1972-2011】

ではいくお。

1972年1月に1,000ドル投資し、その後毎月1,000ドルつみたて投資した場合。

最終資産は、7,044,421ドルになった。

1972年1月に181,000ドル投資し、その後毎月500ドルつみたて投資した場合。

最終資産は、8,507,315ドルになった。

1972年1月に361,000ドル一括投資した場合。

最終資産は、9,970,209ドルになった。




という訳で、今回もまた、一括投資の勝利となった。

いつもに比べればまだ差は小さい方だが。

ドットコムバブル崩壊真っ最中までの期間であることが影響していると思う。

それでも一括投資、つおい。

半分一括半分つみたてのパターンもこれまで検証しているが、結果は全部一括と全部つみたての間となり、中途半端な感は否めない。

精神的にはいいんかも知れんが、それでみすみすリターンを逃すのももったいない気がする。

あと、やはり、始まりの地点だけでなく、終わりの地点も、結果に大きく影響してくる。

ということで、まだまだ検証は続く。

次回を待て。

-調べてみた

Copyright© 米国株は霧末 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.